CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 今日も元気に。 | main | いろいろお見通し。 >>
月と指先の間by稚野鳥子

稚野鳥子先生の最新刊が出たので購入しましたよ。

 

 

55歳の漫画家御堂アン先生の日々を描く物語。

 

 

一緒ではありませんが、ほぼ同年代。

稚野先生のデビュー作、団地階段会談やMIRACLEなんかはリアルタイムで読んでました。

この月と指先の間の1巻が出た時。

ちょっとした衝撃を受けました。

そうか、作者も一緒に年を取ってるんだっ!って。

『誰と誰がくっつこうが50歳過ぎたあたりからどうでもいい』と嘆く御堂アン先生の姿に思わず相槌をうち。

歳を重ねることでしかわからない体の話や心の話、親の事。

漫画一本書くのにかかる想像以上の経費に驚き。

作者がどれだけ、文字通り骨身を削って作品を書いているのかを改めて知り。

この本読んだ後に重版出来とか読んだらまた別の意味で楽しめそうとか思ったり。

色々でてくる雑誌の話も、コレあの雑誌だよね〜とか推察しちゃったり。

とにかく楽しい。

 

 

いや、一緒ではないから。

ワタシのほうがたぶんちょとだけ年下なはず。

 

1歳2歳の差とか同級とか先輩とか。

まだまだ口にしちゃうお年頃なちょこ母に

2個押すのメンドクサイかもしれないけど、ポチッとなお願いします。

 

    

にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ

むしろ30〜45歳くらいの頃のほうが

歳の差とか気にならなかったなぁ。

| 読書 | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://y-choko.jugem.jp/trackback/3523
トラックバック